山本裕典のドラマで前田敦子が主題歌担当!?「パラダイスキス」で彼女だったのは誰!?

☆山本裕典のドラマで前田敦子が主題歌担当!?

 

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で受賞し、芸能界デビューした山本裕典さん。

2013年8月スタートのフジテレビ系ドラマ『山田くんと7人の魔女』で主演を務めていました。

どうもこのドラマ、キスがテーマらしく、お相手の西内まりやさんと噂が絶えませんね。


sponsored link

そして、このドラマの主題歌を務めたのが、AKBを卒業した前田敦子さん。

AKB卒業後、初のリリース曲です。

『タイムマシンなんていらない』

都会的なサウンドで、ハッピーなノリの良い曲です。

 

前田敦子さん、これだけの関係なのか?と思いきや、どうやら山本裕典さんの元恋人なのではないか、と噂が出ています。

きっかけは2008年に放送されたドラマ『太陽と海の教室』で共演したことによる。

織田裕二さん主演の月9ドラマで、湘南の学園生活を描いたものです。
なんと月9では17年ぶりの学園ドラマだったようです。

山本さんは川辺英二という、不良のような役どころ。
前田さんは船木真由という、UFOや宇宙人と交信しているという不思議ちゃんの役。

2人は、2009年から交際スタートしていて、かなりラブラブの状態だった模様。
喫茶店や居酒屋で2人で会っている姿をたびたび目撃されていたとか。

この報道により、AKBにある「恋愛禁止」の掟を破ってしまったことから卒業したという話もあるくらいです。
といいつつも、AKB総選挙のための「前田つぶし」という話も出てきています。

二転三転して、情報が錯綜していますが事の真相はどうなのでしょうか。

現在は、歌舞伎俳優の尾上松也さんと交際中の前田さんなので、どちらにしろ「恋愛禁止」という掟のあるAKBには向いていなかったかもしれませんね。


sponsored link

 

☆パラダイスキスで彼女だったのは誰!?

 

2011年に公開された映画『パラダイスキス』に出演された山本裕典さん。

北川景子さん、向井理さんが主演でした。

北川さん演じる紫(ゆかり)は、女子高生でありながら服飾系の専門学校のショーモデルを担当することになりました。

幼いころに挫折を経験してから、大事な場面で逃げてしまう心の弱い子。
そんな紫がデザイナーのジョージと出会うことで、成長していく物語。

このデザイナー役が向井理さんですね。

山本さん演じるのは徳森という、紫の同級生役。
紫が一途に片思いを寄せる相手。

しかし徳森には、幼いころから三角関係の実和子と嵐という存在がいた。
実和子役に大政絢さん、嵐役に賀来賢人でした。

紫には徳森という存在がいながらも、デザイナーのジョージと出会うことでだんだん惹かれていく。

結局、山本さんの彼女って誰なの?って感じですよね(笑)

まあ、そういうゴダゴダが映画の魅力でもありますから。

 

徳森は紫に振られるそうですから、付き合っていたのかもしれませんね。
北川景子さんとは前述のドラマ『太陽と海の教室』でも関係のあった2人ですから、なかなか縁がありますね。

モテモテの山本さんですから、プライベートとか気になっちゃいます。


sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>