北斗晶は子供の学校よりハワイ?親の責任は!?長男はカナダへ家族を泣かせた理由とは!?

北斗晶さんはハワイに友人がいるらしく、家族でもよく訪れるそうです。
年末から2週間ほど滞在するときもある。
まだ学生の身分の子供たちはどうなるの!?

長男が家族を泣かせた理由と合わせてみていきましょう!


sponsored link

 

☆北斗晶は子供の学校よりハワイ?親の責任は!?

 

北斗晶さん家族はよくハワイに行くらしいですが、それもお正月に多いみたいです。
ほぼ毎年行ってるみたいですね。
まあ、芸能人がのんびり羽を休めることができるところって海外くらいしかないのかも?

2014年も年末から年始にかけて訪れていました。
北斗晶のブログはこちら
12月24日から年明け過ぎまでいたようです。
ブログでは写真入りで書かれているので、ハワイの様子とか家族の仲いい感じとか伝わってきていいですね。

1回行くと2週間とかいるみたいです。

北斗晶さんには二人の子供がいます。
16歳と11歳です。
まだ学校に行ってる年齢ですよね!?

10132933355

学校によって終業式と始業式はそれぞれでしょうから、一概に何とも言えません。
仮に12月24日が終業式で年明けて1月8日が始業式なら、15日ありますから、1週間と1日でギリ間に合います。

ってそんなギリギリな生活を子供に強いる!?

そっちの方が鬼嫁だわ!っていうか鬼親だわ!(笑)
むしろ休ませた方がいいんじゃ・・・

余談ですが、渡辺美奈代さん家族は年明けからハワイに行って、子供たちの学校を休ませたそうです。

旅行や生活に関してはそれぞれの家事情がありますから私はなんとも言えません。
正しいとも間違っているとも言えません。

しかしながら世間の目からしたら批判的な声もありますね。
以前、誰かブログにコメントを残したときに、北斗さんがブチギレた!?という噂もあります。
なんと退会に追い込まれる事態にまで発展したそうです。

「子供の学校を休ませて旅行」
一昔前なら、ありえなかったことです。
「ずる休み」とか言われていました。
病気以外で休むなんて、後ろ指をさされることでしたね。

「子供の学校を休ませて旅行」
みなさん、どう思いますか!?

余談だけどハワイで目撃されたあの人の記事も見てみる~!?
伊藤英明とハワイで目撃された美女はバツイチのお嫁さんだったの!?


sponsored link

 

☆長男はカナダへ家族を泣かせた理由とは!?

 

北斗さんの子供さんたちはけっこうブログにも出ていますね。
テレビにも何度が出ている。
ですのでもう有名人!

そういえば24時間テレビのマラソンで家族リレーしてましたね。

長男の健之介くんが6kmで、次男の誠之介くんが4km走っていました。
すごいですね!?

夫の佐々木健介さんは61.6kmで、北斗さんは47.9m走ってました。
お見事!

そんな長男の健之介くんが「留学したい!」ということでカナダに滞在したそうです。

2012年の夏に行っているので、現在16歳の長男くんは14歳くらいだったのでしょうか。
中学生ということですよね。

o0480064012080293985http://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-11303184959.htmlより出典

大きい方が長男の健之介くんで小さい方が次男の誠之介くんです。
誠之介くんはまだ9歳くらいだったのでしょうか。

ブログにも書いてありますが、長男の健之介くんがひとりカナダへ留学してしまいました。
なので北斗さんは淋しくて淋しくてしかたないようです。

色々な思いが込み上げてきたよう。
ブログではあまり悲しいことは書きたくないとしながらも、10代の子を持つ親としていじめ問題に触れていました。

こんな事は、許されるはずがない。
イジメは、人が人と触れ合い共に生きてる限りなくならないと思う。
だけど…なくならないからと許される事ではない。
たった3週間、離れるだけで…帰って来ると分かっていても、こんなに淋しいのに……

北斗晶オフィシャルブログ―父の気持ち母の気持ちーより引用

3週間いつも一緒にいる子供と離れるだけで、親というものは相当考えることがあるのですね。

ということは、むしろ子供より親のほうが勉強になってる?

まあ、いつだって親は子供に教えてもらってるんです。
そういう視点がないと、子育てなんてやってられません(笑)


sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>