浜崎あゆみの人気の歌詞の意味が壮絶だった!?宇多田ヒカルのカバーは不仲を隠すため!?

人気歌手・浜崎あゆみさんの歌詞を調べていたら結構壮絶でした。
先日宇多田ヒカルのカバーアルバムが発売されましたが、浜崎さんの参加が不思議でした。
なにやらただならぬ思惑がありあそうですね。


sponsored link

 ☆浜崎あゆみの人気の歌詞の意味が壮絶だった!?

 

浜崎あゆみさんの人気の曲がランキングになっているサイトがありました。
サイトはこちら
上位に入った曲の歌詞に驚きの意味が隠されていました。

2015年1月現在、上記サイトで4位に入っていた「A Song for XX」という曲を取り上げてみます。
歌詞はこちら
曲はこちら

この曲は1999年1月1日に発売されたファーストアルバムのタイトルにもなった曲です。

Aとは浜崎さん本人のこと
XXとは母親のこと

つまり浜崎さんが母親に向けて作られた曲というのです。
「あら、母親思いの優しいお子さんねぇ~」
と一瞬褒めそやしたがどっこい、歌詞の内容を考えると結構衝撃的なんです。

「居場所がなかった 見つからなかった
未来には期待出来るのか分からずに」

幼い子供が母親に向けて居場所がなかったなんて言えますか?
未来に期待できない子供ってなんなんでしょう?

でもこういう曲が共感を得ているというのもまた事実ですね。
それだけ需要があるということです。

母親と祖母の3人暮らしで育った浜崎さんは、
何一つ母親らしいことをしてくれなかったといいます。
そんな悲しみをぶつけた一曲なのかもしれません。

ちなみにaikoさんの歌詞ランキングもありました
aikoの好きな歌詞ランキングのトップは意外なあの曲!?カブトムシの意味を本人が勘違いした理由とは!?


sponsored link

 

☆宇多田ヒカルのカバーは不仲を隠すため!?

 

浜崎さんが宇多田ヒカルさんの曲をカバーしていて驚き仰天!?

2014年12月9日にカバー曲集が発売されました。
宇多田ヒカルのうた‐13組の音楽家による13の解釈について‐

これは宇多田さんのメジャーな曲を、これまた13人のメジャーなアーティストがカバーしたという夢のような曲集。
これに浜崎さんが参加したというのです。

浜崎さんが選曲したのは「Movin’ on without you」
動画はこちら
本家・宇多田ヒカルバージョンと比べてみますか?
動画はこちら

まあ、歌声は違うとして(笑)
アレンジがちょっと変わったかな、というくらいですね。

ちなみに浜崎あゆみさん以外のアーティストだと井上陽水さんや椎名林檎さん、AIさんなどがカバーしました。
このアルバム発売にあたって宇多田さん本人はこう語っていました。

「こんなに素敵で幅広いジャンルのアーティストたちに丁寧に、個性的にカバーしてもらったの聴くと、頑張っていっぱい曲書いてよかったなって素直に思える」

それにしても意外な曲を選曲しましたね。
というか、浜崎さんの参加が驚きですね。

だって2人は同時代のトップアーティストだったわけです。
1990年代後半から2000年代にかけて、2人はほどんどトップを独占していました。

つまり、ライバル関係☆

不仲というほどではないにせよ、レコード会社も違うし、ライバルであったことは確か。
ちなみに浜崎さんのレコード会社はavex。
宇多田さんは、(当時は)EMIでした。

そのライバルの曲を数年前ならカバーしなかったはず。
それならどうして!?
そこには、浜崎さんも宇多田さんの力に頼らざるを得ない状況にあるからでした。

2014年は7月にショー形式のライブを開催しましたが、
公演初日にASKAさんの保釈騒動で話を持っていかれました。
8月には神奈川県内の別荘を3.8億円で売りに出していることが発覚しました。
10月にはシングル「Terminal」を発売したものの、初週の売り上げがわずか3000枚でした。
オリコンのランキングでも初登場24位と、振るわなかったとか。
シングル曲が20位未満となるのは、「YOU」以来16年4か月ぶりとのこと。

一時代を席巻したアーティストとは思えないような結果ですね。
このような事情があるので、浜崎さんも宇多田さんの力に頼らざるを得ないようなのです。


sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>