イチローの子供のときの作文から学ぶ夢の実現法!?年俸が900%アップの金額とは!?

イチロー選手の子供のときの作文がすごいです。
夢を実現する人って子供の時からこういう発想
してるんだな~と思いました。

また年俸が900%アップってすごいですよね。
その理由はなんだったのでしょうか。


sponsored link

☆イチローの子供のときの作文があった!?

 

イチロー選手の子供の時に書いた作文がありました。
それがなんとも子供らしくないものでした。

Appgiga_12355_1

 

見にくいと思うので全文掲載します。

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学高校と全国大会に出て、活躍しなければなりません。

活躍できるようになるには練習が必要です。僕は3才の時から練習を始めています。3才から7才くらいまでは半年くらいやっていました。が、3年生のときから今までは、365日中360日は激しい練習をしています。だから1週間で友達と遊べる時間は5~6時間です。そんなに厳しい練習をしているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。ドラフト入団で、契約金は1億円以上が目標です。

僕が自信があるのが投手か打撃です。去年の夏僕たちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうち、ホームランを3本打ちました。そして全体を通した打率は5割8分3厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そして僕は1年間負け知らずで野球ができました。

だからこの調子でこれからも頑張ります。そして僕が一流選手なって試合に出れるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の1つです。

とにかく、一番大きな夢はプロ野球選手になることです。

このように夢を確実に実現する人は具体的なんです。
しかも小学生のときに書いたというから驚きですね。

 

☆イチローの子供のときの作文から学ぶ夢の実現法!?

 

では、小学生の一郎くんから夢実現法を学んでみましょう!

1、明確な目標設定
2、そのために必要なこと
3、客観視する訓練
4、目標はなんのためか?


sponsored link

 

1、明確な目標設定

一郎くんは、一流のプロ野球選手になること。
というのが目標ですね。

普通の小学生やたぶん大人でもそれで終わりがちですが、
一郎くんはさらに掘り下げます。

球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズ
ドラフト入団
契約金は1億円以上

ここまで具体的にあげられる小学生はなかいません。

 

 2、そのために必要なこと

目標のために必要なことをやっていきます。

一郎くんは友達ともろくに遊ばず、
365日中360日は激しい練習をしています。

 

3、客観視する訓練

一郎くんは客観視がとても上手です。

ホームラン3本打って勝利するなら
小学生ならそれだけで褒められるでしょう。

そうではなく一郎くんは全国大会で他の投手を観察していました。

そして自分が大会ナンバーワン選手と確信できたのですね

 

4、目標はなんのためか?

目標は誰のなんたのためなのか?
それは本当に自分の喜びなのか?

他人のためではないか?

まず夢を実現させようというのだから、
自分が幸せになりたいんですよね?

だったら自分が幸福になるようなものを
考えなくてはなりません。

一郎くんはお世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の1つです

一見他人のためのようですが、
お世話になった人に恩返しをするのが
自分の幸福なんだということが
小学生のときにわかっていたということになります。

 

☆年俸が900%アップの驚異的な数字!?

 

938ef89886f33f32ccbf47c2d972ba48

イチロー選手の年俸が800万円から8000万円の
900%アップとなった時期がありました。

1994年のオリックス時代です。

このとき仰木監督と出会い、いきなりプロ野球
記録の69試合連続出塁を記録するなど大活躍をみせました。

プロ野球記録初の200本安打
パ・リーグ最高打率385
最高出塁率
ベストナイン
ゴールデングラブ賞
正力松太郎賞
史上最年少シーズンMVP

プロ3年目でタイトル総なめ、世に名前が出るようになりました。

小学生のときからあれだけ努力してきたのなら
むしろ当然の結果なのかもしれませんね。


sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>