イモトアヤコの顔が治らない理由とは!?エベレストはいつ?とかより気になる意外な肩書

イッテQの過酷ロケで話題を集めているイモトアヤコさんですが、
エベレストに挑戦していたら顔がむくんでしまいました。
あまりにも顔が違いすぎてびっくりしたので、その理由を
調べてみました。
あとお笑い芸人らしからぬ意外な肩書もありましたが、
一体なんでしょうか!?


sponsored link

☆プロフィール

 

名前:イモトアヤコ
生年月日:1986年1月12日
出身地:鳥取県
身長:158㎝
血液型:O型

テレビ『世界の果てまでイッテQ!』にレギュラー出演。
テレビ『世界の果てまでイッテQ!』の動画

 

☆イモトアヤコの顔が治らない理由とは!?

 

珍獣ハンターでおなじみのイモトアヤコさん。
顔がパンパンに腫れてアンパンマンみたいだと
話題になっています。

bcc6cc63

ものの見事に腫れてパンパンですね。
ちなみに以前の顔と比較してみましょうか。

a9430eb4

一目瞭然です。
イモトさんって意外と顔すっきりしてたんですね。
こうしてみると、なんだかかわいく見えてくるのは
気のせいでしょうか。

そしてこのパンパンの原因ですが、歯の治療に使用
しているステロイドのようです。

ご存知の通りイモトさんはエベレスト登山に挑戦
しようとして標高の高い山で訓練をしています。

イモトさんは元々歯に問題を抱えていたらしく
気圧が低くなると、歯の内部神経が圧迫され
虫歯が痛むそうなんですね。
歯の治療をせずに挑んだマナスルでは虫歯の
痛みで悶絶するほどだったそうです。

eef71bd403580f6e752177ad9f39ba6c出典:https://www.youtube.com/watch?v=nkd3RHvRZNM

この痛みを改善すべく歯の治療を行っているそう
なのですが、ステロイドは副作用があって
顔が満月のように丸くなる「ムーンフェイス」
という現象が起こるそうなんです。

これが原因でイモトさんの顔はパンパンに腫れて
いるということなので、ちょっとかわいそうですね。

なおステロイドを減らせば顔の腫れも治まるそうです。

 

☆エベレストはいつ?

 

歯の治療で顔をパンパンに腫らせてまでして
万全を期してきたイモトさんですが2014年4月
にいよいよエベレストに登頂しようというところで、

「今年のイッテQ登山部エベレストチャレンジはここ
で終わりです」

そうディレクターの石崎さんが発表したとき一体この人
はまじめな顔をして何を言っているんだろうとイモトさん
は理解できなかったそうです。
詳しくはこちら:イモトアヤコオフィシャルブログ「エベレストチャレンジ。」

残念ながら2014年のエベレスト登頂は直前で断念する
という決断でした。

そこには大規模な雪崩が発生しプロの現地登山家16人が
命を落とすという事故が関係しているようです。

これによりイモトさんをサポートする予定だった登山家
やガイドたちが次々と登頂を断念したため、イモトさん
も断念せざるを得なくなりました。

要するにプロから「あきらめてくれ」と言われたのですね。


sponsored link

視聴者などから期待がかかるので成功させたかったのでしょうが
会社側やプロの登山家などからは「この判断は正しかった」
と言われています。

そもそもエベレストはそんなに甘くはありません。
これによりイモトさんはもとより私たち一般視聴者も
危機感を持てたので逆に良かったのではないでしょうか。

私たち一般視聴者はテレビの前で座って見ているだけ。
実質無害なので、どんどん面白さをあおります。

実際、エベレストに挑戦する前にイモトさんはヒマラヤの
マナスルという山の登頂に成功しており、次は「エベレストだ!」
と意気込んでいたようなんですね。

Manaslu,_from_base_camp_trip出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%AB

しかしこのマナスルも8000メートルを超える山で、
別名キラーマウンテンと呼ばれるほど危険な山でした。

イモトさんが成功できたのも現地人ガイドや有力者が
13人もついてたというから数千万から数億の金が費や
されているとみられています。

普通の人間がこれほどのお金をかけられないでしょう。
ゴールデンで放送されるような人気のあるテレビ番組
だからなせることでしょう。

これはそれほどお金のないプロの登山家からしたら面白
くない話なのです。
「金にモノを言わせている」という声もあるくらいです。

この登山に関して「イモトさんはヘリで下山した」と聞いた
あるプロの登山家は、苦笑だったようです。
「遭難、または体調不良がなければ通常では考えにくい選択肢」
ということのようです。

 

ではイモトさんが実際エベレストに登るのはいつなのか、
今後の動向も気になるところですが、それよりも意外な
肩書に目がいってしまいました。

イモトアヤコさんの本来の肩書は「珍獣ハンター・・・」
ではなく(笑)、お笑い芸人ですよね。

ですがもう一つの肩書に写真家というものがありました。

なんでも同郷の写真家・植田正治さんという方を尊敬して
いるそうで「植田正治写真美術館」で個展も開催していました。

500_10954911出典:http://4travel.jp/travelogue/10954911

イモトさんが世界各国を訪れた時に撮られた写真のようです。

2007年から2015年2月時点で訪れた国の数が90か国にもなる
そうです。

そのときにテレビで放送されることのない風景や人物など
イモトさん視点で撮られたのかもしれませんね。

残念ながら個展は終わってしまっているようなのですが
イモトさんのこんな一面もありました。


sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>