忽那汐里の大学の名前は?動画で英語を喋ってるところを見てみたい!?

女優の忽那汐里さんはオーストラリア出身って知っていましたか?
金八先生では帰国子女役で出演していたみたいですよ。
英語はどのくらい喋れるのでしょうね?
また大学はどこに入学したのでしょうか。


sponsored link

☆プロフィール

 

phot_03

名前:忽那汐里(くつなしおり)
生年月日:1992年12月22日
出身地:オーストラリア
血液型:A型
身長:160㎝

2006年第11回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。

2009年ドラマ『小公女セイラ』に水島かをり役で出演。
ドラマ『小公女セイラ』第1話の動画

2009年ドラマ『メイちゃんの執事』に天羽凛役で出演。
ドラマ『メイちゃんの執事』の第1話の動画

2011年ドラマ『家政婦のミタ』に阿須田結役で出演。視聴率40%獲得した大ヒット作。
ドラマ『家政婦のミタ』第1話の動画

 

 ☆オーストラリアで差別!?

 

忽那汐里さんは第11回全日本国民的美少女コンテストで
受賞して芸能界デビューしました。
「田舎者がどこまで通用するのかな」
という軽い気持ちで受けたようです。

軽い気持ちで受かっちゃうだなんて
努力しても厳しい人もいるのに、
なんという才能でしょう。

その後、あの長寿ドラマ『3年B組金八先生』に
出演することが決まったのですが、
日本語が拙くて台本を変更するほどだったそうです。

”日本語が拙い”というのはオーストラリア出身で、
育ちが海外だから、ということですね。

なんでも本人は完ぺきな日本語を喋れていると
思っていたのだとか。
家庭での会話は日本語でしたが日常会話程度だったため
自分のおかしさに気づいていなかったようです。

kutsunashiori6

そのオーストラリアでの生活なのですが、
日本人の学校ではなく地元の学校に通ってたそうです。
日本人は他にいなくて、ちょっと差別的なこともあったようなんですね。

日本独特のおにぎりや海苔などは受け入れてもらえなかったとか。

しかし映画『ラストサムライ』が話題になると
日本に興味を持つ人も増えたそうです。

 

 ☆忽那汐里の大学の名前は?

 

芸能活動のために日本に移住してきた忽那さんは堀越高校を卒業しました。
2011年に都内の4年生大学に推薦で入学したようです。

芸術系の学部で「大学ではクリエイティブなものに挑戦します。
学業と仕事、なにがなんでも両立させます」と語っていたそうです。


sponsored link

 

さて気になる大学の名前ですが・・・

・都内である
・芸術系である
・4年制の大学である

というところから「日本大学芸術学部」という声がありますね。

この大学は写真、映画、美術、音楽、文芸、演劇、放送、デザイン
を学べるところのようです。

忽那さんは写真科だったのではないか、という話があります。

実のところ、公けに発表されたことではないので真相は不明です。

他には上智大学という噂も出ています。
これは忽那さんがバイリンガルであることからのようです。

上智大学はカトリック系の大学で、語学を重視しており
留学生や帰国子女、外国人教員も多数いるようです。
外国語での授業も多く、「国際教養学部の講義は全て英語」
というほど英語に力を入れている大学なんですね。

忽那さんは『金八先生』で台本を変更してまでの帰国子女役
でしたから、英語はお得意なのでしょう。

 

 ☆英語で喋ってるところを動画で見たい!?

 

日本語の拙さを指摘されるほどの忽那さんですが
では英語はどのくらい喋れるの?と気になりますよね。

ということでこんな動画を持ってきました。
ひみつの嵐ちゃん』でゲスト出演したときのものです。

忽那さんと談話しながら、「あれなんていうの!」と
要所要所に英語をはさんできますね。

なんとも嵐のお2人は”tomato”の発音がいたくお気に入りのようで(笑)

動画の中ではオーストラリア出身の芸人チャドさんが登場して
英語で流暢にやり取りする場面がありました。

留学生が勉強で身に着けた感じではなくて、ネイティブ同士のフランクな会話
といった感じがしました。

でも「訛っている」といいます。
しかも「お互い」(笑)

関連記事:忽那汐里はどこの大学を中退したの?原因は熱愛でフライデー!?


sponsored link

 

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>