太田光と似てる嫁の壮絶な過去!?あの映画監督に憧れ?脚本まだで社長に怒られる?

TKY201010290359

太田光さんの嫁・光代さんの過去が壮絶でした。
「歩けないかもしれない」と言われていたそうです。
いじめにもあったそうなのですが、ある理由から
生きる強さを手に入れたようです。

そして太田さんは映画監督としてデビューを
考えているようです。
脚本はまだのようですが、あの人対する
憧れがあるのでしょうか。


sponsored link

☆プロフィール

 

名前:太田光(おおたひかり)
生年月日:1965年5月13日
出身地:埼玉県
血液型:O型
身長:170㎝
所属事務所:タイタン

 

☆太田光と似てる嫁の壮絶な過去!?

 

爆笑問題・太田光さんといえば芸能界きって
の愛妻家として知られていますが、

え、違います?(・・;)

いやだって、夫が浮気したという夢を見た
だけで嫁が首をしめちゃうくらいですからね!

って、やっぱりなんか違います?(・_・;)

詳しくはこちら:太田光と似てる嫁の変な趣味とは!?父親と高級焼肉屋との意外な関係!?

 

さて、そんな太田光さんの嫁・太田光代さんの
過去が壮絶でした。

今でこそ爆笑問題の事務所の社長を務める凄腕
ですが、実は子供の頃「歩けないかもしれない」
といわれていたそうです。

 

2039126_201406270993456001403844418c出典:http://www.oricon.co.jp/news/2039126/photo/1/

名前:太田光代(おおたみつよ)
生年月日:1964年7月6日
出身地:東京都
身長:159㎝

実は光代さん、2歳になる前にある病気が見つかって
手術をしたけれど「歩けないかもしれない」といわれ
ていたそうです。
その病名とは先天性股関節脱臼(せんてんせいこかん
せつだっきゅう)といいます。

先天性股関節脱臼とは股関節がずれたり、はずれたり
する病気です。
女の子に多いそうです。

この病気で光代さんは4歳までギブスをはめて入院
生活を送っていました。

そんな中、「歩けない」ということで、他の入院児
からいじめの格好のターゲットにされていたようです。

みんな色んな病気を持って入院しているはずなのに、
「歩けない」子はあまりいなかったのかもしれません。

”「みんながフツーで自分がヘン」だから”
そう思い、固く口を閉ざしていたといいます。

しかし、ある日自分をいじめてた子がいなくなった
そうなんですね。
退院したのか、消えてしまったのか―ー。

大人は詳しく説明しないけれど、そういうのって
子供ながら勘づきますよね。


sponsored link

だから”生き残り感がある”といいます。

「自分が異端だからイジメられると思っていたのに、
実はその子たちが少数派で、自分は多数派…ふつう
の大人の仲間入りをした。逆になってしまった。
彼らが大人になったらやろうとしていたことがある
のか、わからないですけど、私は、彼らの代表とし
残った気がします。」
引用:http://www.filesend.to/plans/yuigon/body.php?od=20091110.html&pc=4

「彼らの代表として」というのが印象的ですね。
社長としての飛躍もこのあたりからくるのかも
しれませんね。

 

☆映画監督

 

お笑い芸人の太田光さんですが、「ライト」
と名付けられそうになった理由のごとく
詳しくはこちら:太田光と似てる嫁の変な趣味とは!?父親と高級焼肉屋との意外な関係!?

多才な面を見せています。

これまで2010年に『マボロシの鳥』、2012年
には『文明の子』という小説を出版しています。

G20120121002476080_view出典:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/21/gazo/G20120121002476080.html

島崎藤村に影響を受け、太宰治好きだった青年が
21世紀になりこうして小説家デビューしたのは
感慨深いですね。

そして今度は映画作製を考えているようです。

芸人→小説→映画監督

え、またこのパターン?と思ってしまったのは
私だけでしょうか。

太田さんが無類の小説好きであることは承知ですし、
内容はともかくいずれ書いてもおかしくないな、と
思っていましたが、なぜ映画にまで手を出すのでしょう。

言わずと知れた芸人であり映画監督である方に
北野武さんがいます。

A0000925-08出典:http://www.cinematoday.jp/page/A0000925

芸人として太田さんもファンだったようです。
今では映画監督として国際的な賞も受賞して
世界的に有名ですが、そんな彼の後を追いた
かったのでしょうか。

しかし太田さん、日本映画が外国の賞を取ったというのを
売りにするが「それが何?」というスタンスらしいです。
世界ばかりを重要視するのが気に食わないのですね。
日本で日本人が感動しているのだからそれでいいの
ではないかということのようです。

それになんと光代社長が、映画を撮りたい太田さん
のために映画会社を立ち上げたという話もあります。

しかしできた脚本が4時間半もあるそうです。
このままでは形にすることができず、「映画会社を
解散する!」と言われてしまったそうです。

光代さんに首をしめられないためにも早めに脚本
を仕上げて、映画を成功させなければなりませんね。


sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>