辺見えみりの旦那は昼ドラ男!?馴れ初めが気になる?木村祐一と衝撃的な関係とは!?

img_0 (1)

結婚した辺見えみりさんですが、旦那さんのことがあまり知られていないですよね。
昼ドラに出演していたということなのですが、どんな方なのでしょうか。
また2人の馴れ初めと、前夫・木村祐一さんとのことをある方が「一緒になるべきではなかった」と衝撃発言していたので、詳しく調べてみました。


sponsored link

☆プロフィール

 

名前:辺見えみり(へんみえみり)
生年月日:1976年12月16日
出身地:東京都
身長:166㎝
血液型:B型

 

☆辺見えみりの旦那は昼ドラ男?

 

辺見えみりさんは2011年3月8日に俳優の松田賢二さんと結婚の発表をしました。

旦那の松田さんは昼ドラに多数出演した昼ドラ男でした。
そんな昼ドラ男の正体に迫ってみたいと思います。

photo06

名前:松田賢二(まつだけんじ)
生年月日:1971年9月23日
出身地:大阪府
身長:177㎝
血液型:B型

俳優デビューは29歳と異例の遅咲きです。
2000年に『VERSUS -ヴァーサス-』というインディーズの映画に出演しました。
それから、2005年に『仮面ライダー響鬼』に出演しています。
仮面ライダーシリーズといえば、要潤さんや水嶋ヒロさんも出演した、歴史ある戦隊物ですよね。

そんな仮面ライダー男が昼ドラ男に変身したのは、2011年の『さくら心中』でした。

昼ドラといえば、昼間なのに過激なシーンを盛り込んでいるので話題を集めていますね。
ドロドロの愛憎劇も話題です。
子供は学校へ行き、その間もんもんとしている主婦層を狙っているのでしょうか。

さくら心中 松田

『さくら心中』では松田さんは主人公の桜子と血のつながりのない兄役を務めました。
桜子を女性として想いながらも、桜子の意中の人とのことを応援するという切ない役ですね。

松田さんは他にも昼ドラに出演していました。
2006年の『偽りの花園』をはじめ、2007年には『麗わしき鬼』、2010年には『インディゴの夜』、2013年には『天国の恋』と、今のところ5作品出演しているようです。

このようにえみりさんの旦那さんは、昼ドラに多数出演した昼ドラ男として話題になったようでした。

 

☆2人の馴れ初めは?

 

そんな2人の馴れ初めが気になりますね。

2004年の映画『零~ゼロ~』で初共演して、2010年の舞台『罠』で再会し、意気投合したようです。

松田さんは強面のイメージが強いのですが、実際は冗談もいうほどの明るい人のようです。


sponsored link

☆木村祐一と一緒になるべき人ではなかった?

 

えみりさんは、2006年にキム兄こと木村祐一さんと結婚し、2008年に離婚していますが、オーラが視えるという江原啓之さんや美輪明宏さんによると、「一緒になるべき人ではなかった」「その時別の人がいたはず」と言っていたそうです。

これは離婚直後の話なのですが、そのときは恋仲ではなかったが、言い寄ってくれていた人で、もっと若い人がいたというのです。
お2人には視えているようでしたが、えみりさんは思いつかないようでした。

その人が松田さんかどうかはわからないですが、1963年生まれのキム兄より、1971年生まれの松田さんは確かに若いですよね。

実は松田さん、えみりさんがキム兄と結婚する前にアプローチしていたといいます。
しかし、えみりさんはキム兄との異常なほどのすれ違いに運命を感じて結婚してしまいました。
狭い地味で出会ったり、新幹線の中で出会ったり、その後番組共演して連絡先を交換したそうです。

しかし、えみりさんの離婚を知って、松田さんが再度アプローチしたようです。

時を経ての大恋愛ですね。

江原さんは、「結婚や離婚を失敗と思うのは間違い」といっています。
「離婚はより良い結婚をするための学習」と胸に刺さる言葉を残しています。

2013年にはお子さんも生まれたので、えみりさんの課題である「自然体」で生きられるといいですね。

子供についての記事はこちら。
関連記事:辺見えみりの子供が一重まぶたでかわいくない?
関連記事:辺見えみりの子供は茶髪で可愛い?自宅のインテリアがすごい!?
関連記事:辺見えみりが子供の名前と顔だしをやめた理由は?ダイエット成功して批判?


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>