国分太一と破局したaikoがMステで鉢合わせ!?おさんぽジャパンのリュックはどこの?

国分アイキャッチ

TOKIOの優良児・国分太一さん。

もはや忘れ去られそうですが、かつてaikoさんと堂々と交際宣言をしていたんですよ。
破局後のMステで共演・・・なんて気まずいことしてくれますよね。
今でこそなんてことなさそうですが、そういえば結婚も秒読みかと思われていたaikoさんとの破局ってなんだったのでしょうか。


sponsored link

☆プロフィール

 

名前:国分太一(こくぶんたいち)
生年月日:1974年9月2日
出身地:東京都
身長:167㎝
血液型:O型

 

☆おさんぽジャパンのリュックはどこの?

 

国分さんの出演番組、「おさんぽジャパン」のリュックが気になっている人がいるみたいですね。

国分リュック

このリュック、『HEART MADE FACTORY』というところのもののようです。
しっかりしていて機能面もよさそうですね。

おさんぽジャパンとはフジテレビで平日毎日朝の11時25分から5分間、日本全国四季を感じながら国分さんが風情ある街並みをさんぽする番組のようです。

 

☆国分太一と破局したaikoがMステで鉢合わせ!?

 

付き合っていたとされていたaikoさんと破局して、なおかつMステで共演です。

めっちゃ気まずいですね。

2007年8月のMステで共演した2人は、前年度に破局を迎えた2人でもありました。

本人たちは「終わったこと」になっていたとしても、見てるこっちの方がヒヤヒヤ、もしやこの2人気まずいでないの?なんて変に勘ぐったりして。

タモリさんの話よりも音楽よりも、後ろに控える2人の目線はいずこへ。

そんな必要もないのだけれど、これが老婆心なのか、単なる野次馬なのか、変に気をもんで落ち着きません。

しかもTOKIOの曲の後にaikoって。
わかっててあえてやってるでしょ?的な組み合わせ。


sponsored link

そんな中aikoさんの曲が「横顔」だったりして、トーク中のaikoさんの横顔が見れないのか、国分さんの視線はうつむいたまま逆方向に。

そりゃ、見れないですよね。

TOKIOのトーク中にaikoさんは笑顔を見せていたものの、aikoさんのトーク中に国分さんの笑顔はなかったようです。
aikoさん以外の出演者の時は笑っていたそうですから、やはり気まずいのですね。

こういうとき女子は強いですね。

 

☆aikoとなぜ付き合った?破局の理由は?

 

ところでそんな2人が付き合うようになったきっかけは、なんだったのでしょうか。

それはさかのぼること1998年、aikoさんのラジオ番組に国分さんがゲスト出演したことからはじまります。

aiko

1998年といえばaikoさんが「あした」でデビューした年ですから、相当早い付き合いだったんですね。

当時国分さんが24歳で、aikoさんが23歳。

お互いキーボードをやっているので、そのあたりで意気投合したようです。

2001年にはスポーツ紙が報道。

国分熱愛

交際会見まで開いていました。
しかもこのとき、少年隊の東山さんも同席しているんですよ。
これたぶん相当本気で、結婚まで考えていたのでしょうね。
でないと、こんなことしないですよね。

2002年に同棲。
ペアのアクセサリーやおそろいの服を着たり、舞台裏で会うと2人はあいさつ代わりに手と手をタッチしていたとか。

結婚も秒読みかと思われていたそんな2人に2006年、まさかの破局報道。

国分破局

お互い仕事の多忙から、このような選択をしたようでした。

後のインタビューで国分さんはこう語っていました。

「結婚を考えたこともあった」

20代前半の方が結婚願望が強かったらしく、年齢を重ねていくうちに大人になったのか、

「僕らの仕事はいろいろなことを考えて行動しなければいけない」

と一般の人とは違う芸能人ならではの悩みとぶつかったようでした。

おそらく付き合い始めた当初、aikoさんはデビューしたばかりでした。
まだあまり売れておらず、そこまで多忙ではなかったのが、2人ともだんだん売れてきて会える時間が減ってきて付き合っていくのが難しくなったのではないか、と思います。


sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>