杏と東出昌大はなぜこんなにもフライデーされる?

E784A1E9A18C-9613f

モデルの杏さんと東出昌大さんが結婚しましたが、交際中のフライデーが多い理由について調べてみました。


sponsored link

☆プロフィール

 

名前:杏(あん)
生年月日:1986年4月14日
出身地:東京都
身長:174㎝
血液型:A型
所属事務所:トップコート

 

☆杏と東出昌大の出会いは意外な場所?

 

2015年に元日婚をしたモデルの杏さんと東出昌大さん。

2人が仲良くなったのは、言わずと知れたNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」ですが、それ以前にも実は出会っていたといいます。

2人はパリコレに出ていたときがあって、パリの路上で偶然出会っていました。

そのとき杏さんの方が名が知れていたため、東出さんは杏さんと会ったことに興奮して、実はその頃から杏さんを狙っていたのではないか?といわれています。

パリコレのときが2006年で、連ドラが2013年なので7年後の再会ということで、運命の出会いを感じたといえそうです。

 

☆杏と東出昌大はなぜフライデーが多いか

 

そんな運命的な出会い、再会によって結ばれた2人ですが、実はけっこうフライデーされているんですよね。

なぜこんなにもフライデーされるのか気になるところですが、まずはその内容をみていきましょうか。

 

 

2014年の正月、東出さんの実家の埼玉県で一緒に過ごしていました。

実家近くの朝霞のホームセンターで買い物している2人の姿もありました。

他には東出さんが犬を連れて2人とも浴衣を着ているデート姿もありました。

どこかのお祭りへ行ったところを、一般の方がツイッターで流したものもありました。

ホームセンターと浴衣。

ホームセンターではマスクやニット帽をかぶっての変装。
にもかかわらず、2人ともモデルで高身長なため目立っていたようです。

どのくらいの身長かというと杏さんは174㎝、東出さんは189㎝。

そりゃ、埼玉のホームセンターではかなり目立つでしょう(笑)

また浴衣姿のときは、こんな意見がありました。

「浴衣会社のチラシかよ」
「撮影に見える」
「カメラマン意識してるだろ!」

このときは変装していなかったため、明らかに杏さんと東出さんだとわかるように撮られていました。

もう、絵になりすぎているんですよね。
本当に極秘で撮ったのか?というくらい、きれいに撮られているんです。
これだけきれいに撮られていたら、見る方も悪く思わないと思います。


sponsored link

 

他にはこんな様子も目撃されていました。

スペイン料理店で写真を頼まれると東出さんが杏さんの肩に手をまわしました。
まだ結婚前だったが、本当の夫婦みたいに見えたといいます。

あとは、代々木公園でのイベントも2人で来ていました。
鹿肉ソーセージを食べたり、雨が降ってくると東出さんが杏さんが濡れないように手拭いをかけてやったりしていました。

 

おそらく2人とも気にしていないんでしょうね。
というか、一度変装して撮られてしまったので、変装してもバレるということを学んだのか、あとはもう開き直ったのでしょう。

そして、変装しないで堂々としていることに、居心地の良さを感じたのではないでしょうか。

 

☆杏の父親はこう語る

 

杏さんの父親は渡辺謙さんですが、ツイッターで祝福のコメントを残していました。

「あまり身内で褒めるのもどうかと思いますが、本当に良縁に恵まれたなと。」

身内でもないですが、私もそのように思います(笑)

 

☆杏はあげマン?

 

2014年の正月のスクープですが、「ごちそうさん」のドラマの現場スタッフたちとの談笑中に誘ったようです。

お正月はどうするのかと聞かれた杏さんは、予定がなかったらしく家で一人で過ごすことにしていたそうです。

そこへ東出さんが言った一言。

「家で年越ししませんか?」

どうやらこれをきっかけに、杏さんは東出さんの実家で年を越し、スクープされ、仲が進展したようですね。

東出さんは杏さんと付き合う前は、結構な遊び人で合コンとかも度々行っていました。
それが「ごちそうさん」が始まると、ぴたりと行かなくなったといいます。
その裏に杏さんの存在があったのではないかと言われているので、あげマン説が出てきました。


sponsored link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>