モデル杏の英語は独学って本当!?東出昌大とディズニーデートという噂も!?

☆モデル杏の英語は独学!?

英会話スクールや多数の教材に何十万、何百万かけても習得できる気配がないのに、モデルの杏さんは19歳のときにひとりで海外に渡り、モデルのお仕事を獲得していきました。

つまり、英語で交渉していたということですよね。

これだけ聞くと、元々喋れた人なんだー、そう思ってしまいます。
しかし実際のところは、独学で自力で習得していったようなのです。


sponsored link

その裏には、幼少期からの父親の闘病生活、母親の借金、両親の離婚、父親の再婚と、思いのほか苦労人の過去がありました。
モデル活動をはじめた10代半ば、「自分の力でやっていかないといけない」そのくらい切羽詰まった状態でした。

 

意志の力というのは強いものです。
何事もここからはじまると言っても過言ではありません。
人は切羽詰まると、本当の意味で切羽詰まると、どうにかする生き物です。
逆に英語でもなんでも習得できないのは、それだけさしたる理由がない、切羽詰まっていない状態だということです。

杏さんは、もともと音楽好きだったことから、洋楽の歌詞を参考にしてました。
彼女はもともと英語が喋れた人ではなかったかもしれませんが、優れた勉強家でした!

【杏さんの読書法】
・惹かれた文章があるとページの上を折る
・後で調べる箇所があるときは下を折る
・読み返した時に全体を読み返さなくなるから、線は引かない
・本の帯の裏にメモを取る
・その帯をしおり代わりにする

ほほう、若いうちから独自の読書法があるなんて関心じゃの!

大好きな美術館でもメモを取りながら見る。
どんな風に良かったかっていうのを言葉で表せるように意識してるのだそうです。

これだけ勉強法が確立されていると、英語でもなんでもどのようにしたら自分は身につくのかを知っているのでしょう。
きっとそれまでには数々の失敗があったでしょうが、またそこから学んでいったことと思われます。
この繰り返しこそが、オリジナルの勉強法につながるのです。

まずは、オリジナルの勉強法を確立するまで、失敗と成功を繰り返すこと。

その失敗を恐れないこと。
その失敗を愛すること。

覚えておいてね。

 

☆東出昌大とディズニーデート!?

 

東出昌大=どっかの大学名かと思ったら人の名前だった毒@蛇です。

略して東大?

そんな東大さん(いや、違う!)は「ひがしでまさひろ」さんといいます。

杏さんと恋人です!☆(って断言?)

 

この2人はNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でメインキャストでした。
夫婦役でしたね。

じゃあこの出会いがきっかけだったのね。めでたしめでたし。

と思いきや、もうちょっと前に不思議な出会いをしているんです。

東大さん(←まだ言う?)と杏さんは共に長身を生かし、パリ・コレに出演するほどのモデルさん。

なんと、約8年前の2006年、パリコレに行ったときの路上でバッタリ会ったというんです!
この出会いを2人は覚えていて、7年後の2013年に共演を果たすとは、まさかのさかを下ったとのことです!(せめて上ったにしてあげれば?ってそういう問題じゃないし!)

2014年の正月、東大さん(←定着?)の実家で2人でいるところの目撃情報が!!

1月2日の正午過ぎ、この実家から東出が出てきた。地元にもかかわらず、大きなマスクにニット帽を目深にかぶるというスタイル。その横に寄り添っていた女性。東出が愛する母親と思いきや、その女性もまた大きなマスクにニット帽をかぶり、銀縁の眼鏡までかけているという徹底した変装ぶりだった。女性は身長189cmの東出と並んでも身長差が気にならないほどの長身。それが誰であるかは一目瞭然だった。『ごちそうさん』のヒロインで、悠太郎の妻・め以子を演じる杏だ。
『ごちそうさん』の杏 夫役・東出昌大の実家で正月を過ごす – SNN(Social News Network)より引用

 

「大きなマスクにニット帽、銀縁の眼鏡・・・」

って、正直めんどくさいですね。

ごくろうさまです、東大杏さん。(←ってくっついてるし・・・っていいのか、くっついてるから!!笑)

おふたりとも、ごちそうさまです(///▽///)
『ごちそうさん』だけにねっ☆

ってアホ!!



sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>