佐藤健『るろうに剣心』の評価が気になる!?綾瀬はるかよりラブラブな“ワンオク”って誰!?

☆綾瀬はるかと喧嘩してラブラブ!?

 

映画『リアル~完全なる首長竜の日~』で綾瀬はるかさんと共演をした佐藤健さん。
綾瀬はるかの前髪の切り方が気になる!?松坂桃李との占いの相性は!?

仲がいい~と噂のあるお二人ですが、その理由は意外にも喧嘩だったとか。

舞台の話題になったときに、佐藤さんが失言をしてしまったらしく、綾瀬さんを怒らせてしまった。

「もうキライ!話しかけないで!!」

しかしそれがあってから、仲良くなったというのです。


sponsored link

 

以前、『しゃべくり007』に二人で出演していたときのこと。

司会の上田さんに「好きなタイプは?」と聞かれた綾瀬さんはこう答えました。

「私が一人で喋っていて、同意してくれる、否定しない人が良い」

それを聞いた上田さんは「佐藤くんなんてぴったりじゃん」と2人の関係について迫ったのです。

綾瀬さんは笑って過ごそうとしたが、無言になっちゃって、いかにも意味ありげ。

佐藤さんは沈黙後、「まあ、ないですね・・・」と答えるものの、綾瀬さんの寂しそうな反応を見て「ありますね!」と言ってしまう。

このやり取りが、なんだか本当に仲がよさそうだと噂されているのです。

 

 ☆綾瀬はるかよりラブラブな“ワンオク”って誰!?

 

そして、そんな仲よさげな綾瀬さんよりラブラブモードな人物が!!

それが「友人でもあり恋人でもある」と言いのける”ワンオク”のヴォーカルTakaさんなのです!

ワンオクとは4人組のバンドのことで、正式には『ONE OK ROCK』といいます。

いつもスタジオに集まるのが午前1時(=one o’clock)だったことが由来とされています。

そのヴォーカルのTakaさんと親交があるのです。あ、一応男性です(笑)念のため。

最近では恋人を通り越して「妻であり、夫(笑)」とか言っています。

あんまりベタベタしなくなった、新婚の時期を過ぎて落ち着いた夫婦のような関係とのことです。


sponsored link

 

 ☆ワンオクのヴォーカルTakaとは!?

 

そのワンオクのTakaさんですが、実は森進一さんと森昌子さんの息子なのです。

元ジャニーズで、NEWSにもいた森内貴寛さんです!

学業に専念するといってNEWSを辞めた後、結局学校も退学して、バイトをして、音楽の学校に入られたそうです。

すてきな努力家!

 

☆佐藤健『るろうに剣心』の評価が気になる!?

 

綾瀬はるかさんよりラブラブな人がおった佐藤健さんが映画『るろうに剣心』シリーズで主演!
蒼井優の映画『るろうに剣心』はミスキャスト!? CM のヘアバンドが気になる!?

第1作目が2012年8月25日公開で、興行収入約30億円。
第2作目が2014年8月1日公開で、『るろうに剣心 京都大火編』。
第3作目が2014年9月13日公開で、『るろうに剣心 伝説の最期編』。

『ヤベぇ、佐藤健にシビレちまった・・・!!』との声も。

いい顔立ちで、実に爽やかな笑顔を見せる。
セリフが今一つのところがあるが、声の通りは良い。
佐藤健以外の出演者の存在感も良かった。

ただ佐藤健の表情や声が甘いので、迫力感に欠けるとの声もありました。

しかしアクションシーンは、加工した映像ではないかと疑われるほどの好評ぶり!
綾野剛との対決シーンで、2人の独特な色気と殺陣のスピード感にゾクゾク!

 

ストーリーよりもアクションがすごいという評価が多いですね。
橋から飛び降りてそれをカメラが追いかけ続けるシーン。
スピード感溢れる殺陣のシーンに緊迫感と興奮が沸いてくる素晴らしさ、などがあったようです。

まあ、ストーリーは1994年から1999年まで「週刊ジャンプ」で連載。
単行本シリーズ累計発行部数5700万部超の原作。

これに、2時間程度の映画は敵わない面があるでしょう。

なんたって量が違いすぎますからねぇ(^_^;)
込める想いも違うでしょう。

この映画の見どころはやはりアクションですが、そこを評価する人が多かったというのは、作り手もほっとしているのではないでしょうか。


sponsored link

 

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>