山下智久と亀梨和也が共演したドラマのタイトルは!?クリスマスパーティーの場所が気になる!?

 ☆山下智久と亀梨和也が組んだユニットは?

 

ジャニーズの元NEWS・山下智久さんが、同じくジャニーズのKAT-TUN・亀梨和也さんと以前ドラマで共演していました。

そのときの役名「修二と彰」として発売したCD『青春アミーゴ』が爆発的な人気を誇ったのも記憶に新しい。


sponsored link

といっても、それがもう9年前のこと。ちょっと驚き。(2014年現在)

トータル売上200万枚を達成!

シングルミリオン達成は1年7か月ぶりのことだった。

その前は、2003年3月5日発売の森山直太郎さんの「さくら(独唱)」。

『青春アミーゴ』の発売は、2005年11月2日。

亀梨さんは「正直やりたくなかった」と語っていたそうですが、社長に説得されてふたを開けてみればコレ。

「この世界にいるとそういうことがたくさんあるから、自分の狭い価値観だけに縛られるのはもったいない」とも語っているとか。

 

☆山下智久と亀梨和也が共演したドラマのタイトルは!?

 

その2人が共演したドラマは『野ブタ。をプロデュース』

原作は白岩玄さんの小説。

原作とドラマは大きく違うところが多かった。

ドラマのストーリーとしては、転校してきた陰湿な女子生徒を明るく変身させようとプロデュースするもの。

しかし原作で転校してきたいじめられ役は男子生徒。

名前は小谷信太(こたにしんた)。

下の名前が「信太」で、「のぶた」と読めることから『野ブタ』となった。

 

そしてそもそも、山下智久さん演じる草野彰は原作には登場しない人物だった。

これはドラマの作り手が、「希望の持てるラストにしたい」という思いから原作を変えていったためである。

というほど、原作のラストは悲惨だったり・・・

人気者の主人公・修二が信太を人気者に変えていくところは同じ。

しかし、ありのままで信太が人気者になっていく様子に、だんだん嫉妬を感じるようになった修二。

隠していた周囲への侮辱が浮き彫りになると、プライドが崩され、修二と信太の立場が入れ替わってくるのだ。

支えてくれる人もいる中、居場所をなくし、学校をやめて転校する。

新しい学校で修二は、「今度は誰にも見破られないように、完ぺきな人気者を演じ、自分自身を『プロデュース』するのだと誓う」

素の自分を殺す二面性をより強くしてしまう悲しいラストだということだ。


sponsored link

一方ドラマでは、いじめられ役の出世作ともなった堀北真希演さん演じる小谷信子。
堀北真希のテレビドラマ「ATARU」が気になる!?櫻井翔と共演したドラマとは!?

修二と彰がかかわっていく中で、前向きに変化していく。

修二も彰や信子とかかわっていく中で、自分を見つめなおすという方向でドラマは進んでいった。

話の中でいじめられっ子を人気者にプロデュースしていったのは、修二や彰たちかもしれないが、彼らもまた同様に成長している。

他人の成長を見ると、自分も成長せずにはいられないのかもしれない。

 

☆ クリスマスパーティーの場所が気になる!?

 

山下智久さんが200名限定のクリスマスパーティーを開催とのこと。

時は12月20日。

8月20日発売のDance Track Mini Album『遊』などを購入した人の中から応募券を集めて、抽選で参加できるようです。

「応募券を集めて・・・?」

 AKB商法?(とかゆうたらあかんですな・笑)

場所は都内某所とのこと。

そりゃ詳しく言えないですよね。(笑)

もし参加された方で、どんなパーティーだったのか、コメントくれたら嬉しいです♪


sponsored link

 

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>